種類別のアンテナ工事

テレビはほぼ毎日見るものであり、地デジアンテナは生活にかかせない重要なものです。アンテナ工事で失敗しないためには、必要なアンテナの種類を知ることが大切です。

アンテナの種類は、一般的なテレビを見るために必要な地デジアンテナと、BS・CSなどの衛星放送を見るために必要なアンテナの2種類があります。地デジアンテナには、屋根の上に乗っている魚の骨のような形をした八木式アンテナと、壁や屋根裏などに設置するデザインアンテナがあります。BS・CS用の衛星アンテナは、ベランダや屋根などに多く設置している白くて丸いアンテナです。アンテナ工事の際には、自分が見たいものとアンテナが対応しているかを確認しましょう。BS・CS用のアンテナ工事を追加で依頼すると工事費が余計にかかってしまうため、将来的に衛星放送を見る予定のある方は、地デジのアンテナ工事と同時におこなうほうが良いでしょう。

家の立地条件や構造によっては、アンテナ以外に別途必要な部品もあります。アンテナの線が複数必要なときには、分配器が必要になります。分配器で複数のテレビに受信した電波を分配すると感度が悪くなってしまうことがあり、このようなときには、ブースターで受信した電波を増幅します。ブースターを使うとテレビを複数台使用しても映像や音が乱れなくなります。アンテナ本体だけでなく、ケーブルや資材の費用、分配器やブースターの費用、出張費や工賃などが加わってアンテナ工事の金額になります。さらに、既存のアンテナがある場合は撤去費用や回収費用がかかります。